忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 



レーシックによる手術の場合、乱視の状態を調べた後に、乱視の原因となっている歪みの分を、
角膜を削ることによってメガネやコンタクトで矯正を行う程度まで回復すると言われています。

しかし、手術というと誰もが抵抗を感じてしまうものです。

ましてや視力という大切な“視産(しさん)”を一生失ってしまうかも知れない…という
リスクも伴いますから、なおさらでは御座いませんか。

わたしの所に相談に来る人たちも殆どが、レーシックによる手術を行うことに抵抗を感じ、
金銭的に、そして何よりも失敗を恐れ悩んでいます。

「どうしても乱視を治したいけれど、レーシックによる手術は失敗が怖い…」
「金銭的負担も大きく、信頼出来る眼科が分からない…」

貴方もこんな気持ちになったことは御座いませんか?

 最近では、レーシック手術を行う眼科も増え、
値段も徐々に下がってきてはいますが、それでも、数10万円の費用がかかり、
何よりも、取り返しのつかない失敗の恐れがあります。

実際に近年、レーシックによる手術を行い、失敗したという被害者も
増えてきているのです。

つまり、「レーシックによる手術で、100%乱視が治る!」と断言する事は出来ないのです。

ですから、物理的なメガネやコンタクトで我慢している人も大勢いるのだと思います。

レーシックによる手術と言えば、誰もが永久に乱視が治ると思っているかもしれません。

しかし、レーシックによる手術後には、“戻し現象”と言って、
今までの乱視が少し戻ってしまう現象が何割かの確率で発生してしまうのです。

レーシックによる手術が終わると、直ぐに見えるようにはなりますが
最初の2~3日は、今までの光がとてもまぶしく感じます。

また、レーシックによる手術後に、3ヶ月くらいは紫外線を浴びないように
外出するときには、専用のメガネが必要になったりします。

そして、レーシックによる手術の効果は、半永久的にあるわけでは御座いません。
大手の眼科での保証期間は、15年くらいになっているのです。

こんなことでは、結局、乱視が治ったことにはなりませんよね?!

更に失敗する事もあり、そうなってしまうと取り返しがつかなくなってしまいます。

そんな悩みが多かったので、わたしはこの“乱視を治す方法”を確立させたのです。

●手術は一切必要ない
●乱視の根元に着目しているため戻る心配がない
●自宅で自分で改善出来る
●金銭的な負担がない

本来、乱視は正しい知識さえ持っていれば、矯正出来るものなのです。

 

 

もしかして、貴方は、乱視が治らない原因をこう思ってはいませんか?
「遺伝」「目を酷使し過ぎ」

もしも、貴方がこんな風に思っているのであれば、大きな勘違いをしています。

スコット先生の発音大学DVD3枚組みと7シークレットのテキストのセット マスターコピーライティング with ted Nicholas 【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト(古川先生が教える初心者向けアコースティックギター上達法)1~3弾セット 宅建試験にわずか60日で合格する“山田式勉強法” 「バリクリ」アフィリエイトの成約率アップ、見込み客のリスト取得率アップ、広告のクリック率アップに。 劇的にお子様の成績を上げる究極の育成法!効率化された自学自習こそが成績を急上昇させる!武田塾秘伝!逆転教育法!! テレビ朝日系コンテスト「全国1位」アナウンサーが明かす「トーク&セミナーの達人」講座DVD

「親が乱視だから、わたしも目が悪くなって当然なんだ!」
というように、目の悪さは遺伝すると考えていませんか?

「毎日PCを長時間使っているから」「本をよく読むから」等と
「目を酷使し過ぎているから乱視は仕方ない」を思ってはいませんか?

実は、乱視は、遺伝や目の使い過ぎ等でなる事はないと言われています。

本当の乱視の原因として考えられるものは、以下の2つです。

●血流障害
●生活習慣

しかし多くの方は、この事実を知りません。

貴方の周りの人に聞いてみて下さい。
「乱視の原因を知っていますか?」と。

すると、殆どの人は、「目の使い過ぎ」「親の遺伝」と答えるでしょう。

 しかし、事実は違います。
遺伝や目の使いすぎで乱視になるのではなく、
生活習慣によって引き起こされる血流障害が乱視を及ぼしているのです。

この事実を踏まえ、具体的に説明して行きます。

貴方が起きている間、体の中で一番使用している部分は実は目なのです。

“見る”ことは、その焦点を合わせたり、光の量を調節したり、
目の周辺にある筋肉、つまり“眼筋”を使っています。

この眼筋は、1日に約10万回以上も運動しているのです。
そして、目のまばたきも、1日に約17,000回前後繰り返されています。

そうすると、眼筋には乳酸がたまってきます。

この眼筋に酸素や栄養が上手く運ばれないと、乳酸が分解されずに
目の機能が低下し、目の「かすみ」や「ぼやけ」等の症状が出て来ます。

更に、この眼筋は目自体を支える筋肉が弱ってきて、水晶体や角膜の
“歪み”や“ひずみ”を生じさせ、乱視を引き起こしてしまうのです。

この眼筋に酸素や栄養を運んでいるのは血液なので、この血液の流れ(血流)が
スムースにいかないと、目に障害が発生するのです。

以上のことから
血流障害によって乱視になってしまうという流れをご理解頂けたと思います。

「では、どのようにして、血流障害を正せばいいの?」
と、次の疑問が沸いてくると思います。

血流障害は、貴方の生活習慣によって引き起こされます。

例えば、不規則な生活習慣が引き起こす睡眠不足や不定期な食事時間、
偏った食事による栄養不足や運動不足です。

 更に、ストレス、自律神経失調症、胃腸の硬化や目の酷使による眼精疲労等によって、
目の周りだけでなく、全身の血流や血流量が不足して、乱視の症状を出しているのです。

はじめは、わたしも目の周辺だけの手当てをしてきました。

しかし、そうすると回復の早い人と遅い人がいて、その理由がわからなかったのです。

そこで、乱視を治すには、目の周りの施術だけでなく、
全身の手当てをすると改善のスピードが飛躍的に伸びることがわかったのです。

多くの方は、そういった知識がなく、
余り深く考えずに間違えた方法を繰り返しています。

正しい方法さえ知っていれば、自然と乱視は改善されるのです。

貴方も、この方法で乱視を治してみませんか?

「乱視を治したい気持ちはあるけど…」

確かに、自分にも出来るかな…と不安に思うかもしれませんね。

しかし、ご安心下さい。

今まで多くの方の乱視を改善へと導いて来たエクササイズをお伝えします。

この方法には、何も難しいことは御座いません。
おおまかに言うと、たった3つの事をやっていただくだけです。

●Step1 まずは、乱視の本当の原因をしっかり理解していただきます。
●Step2 ある方法で血流障害を改善し乱視を改善していただきます。
●Step3 乱視の根元を断っていただき二度と乱視にならないようにします。

たったこれだけです。

 これだけのことを実践していただくだけで…
気付いたら、だんだんとはっきり見えるようになっていることを実感するでしょう。
もう目を細めたり、急いでメガネを取り出して見る必要はない事実を実感するかもしれません。


 

PR
HOME
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ
性別:
非公開
ブログ内検索
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ 評判・口コミ All Rights Reserved